チャットレディー募集屋さん
チャットレディー募集屋さんトップ > チャットレディーのデメリット

チャットレディーのデメリット

チャットレディーのデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

チャットレディーをやる上で考えられるデメリットについてお話していきます。

チャットレディーという職業がまだ一般の人にあまり認知されていないために、怪しい目でみられたり、誤解されたりするデメリットがあります。人はあまりよく知られていないものを否定したり、怪しいと決めつけしまう傾向がありますよね。

そのため、人に話してもチャットレディーという職業を理解してもらえず、水商売で働いてるのと同じような扱いを受けてしまうかもしれません。そういう場合、本当に親しい人にはきちんと理解してもらうまで話すことが必要になることもあります。

しかし、あまり親しくない人には自分から話す必要もないと思います。チャットレディーは在宅アルバイトですから、自分から言わないかぎり、誰にもばれずにこっそりとやることができます。顔を出して働いていたとしても、あなたの知り合いが働いているサイトをのぞく可能性は相当ひくいものだと思います。

だから、あまり他人のことは気にせずに、自分がチャットレディーをやりたいと思ったからやるという強い姿勢でいいと思います。

そして、ほとんどのサイトでは完全な出来高払いであるということも、最初のうちはデメリットになってしまうかもしれません。いくら時給が高いといっても、お客さんと話して初めて報酬が発生します。

そのため、待機保障(待機保証)といって、お客さんを待っている時間もお給料がもらえるサイトもあります。サイトにログインさえしていれば、報酬が発生しますので、お客さんが少ないうちは待機保障(待機保証)ありのサイトを狙って登録していくのもいいと思います。

実際に待機保障(待機保証)ありのサイトを狙って稼いでいるチャットレディーさんもたくさんいます。このサイトでは待機保障(待機保証)のあるサイトも常時掲載していきたいと思っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

そういったサイトをのぞくと、ほとんどのサイトが出来高払いのみの報酬プランを採用しています。そのため、どれだけお客さんと話したかということがお給料に直接結びついてきます。高いお給料を得るためには新しいお客さんをつかむことと、1度来てもらったお客さんにまた来てもらうことが大切になります。

いろいろな募集サイトに時給○○と書かれていますが、基本的には分単位の課金となっています。ですから、実際は分給をよくみにした方がいいかもしれません。「お客さんと話した分数 x 分給」があなたの報酬となります。

つまり、お客さんと1分でも長く話した方がお得なんです。お客さんを飽きさせずにいかに長時間話してもらうかということを考えながらチャットレディーをやることも大切になってきます。

チャットレディー募集屋さんトップ > チャットレディーのデメリット
Copyright (C) 2005 チャットレディー募集屋さん. All Rights Reserved